データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、4番として2試合連発となる15号3ラン! エンゼルスが4連打で逆転に成功

2018/08/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのコロラド・ロッキーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場し、第2打席でセンター左へ第15号3ラン本塁打を放った。
 
 2試合ぶりに4番としてスターティング・ラインナップに名を連ねた大谷は、この日はロッキーズのエース右腕ジョン・グレイ投手との対戦。先頭打者で迎えた2回の第1打席では左直。その後、チームは先発のオドリサマー・デスパイネ投手が3回にトニー・ウォルターズ捕手にソロ本塁打を浴びるなど2失点し、試合の主導権を握られる展開となった。
 
 しかし4回、エンゼルス打線がグレイを捉える。先頭のコール・カルフーンが打野手が右前安打で出塁すると、その後盗塁で二塁へ進塁。続くデビッド・フレッチャー内野手も一塁へのバント内野安打で繋げる。
 
 一、三塁となって、3番のマイク・トラウトが右前へタイムリー安打を放ち1点を返すと、なおもボークを挟んで二、三塁となり、ここで第2打席となった大谷がカウント0-1から93.7マイル(約151キロ)の速球を捉え、打球はセンター左への第15号3ラン本塁打となった。大谷の本塁打は25日(同26日)のヒューストン・アストロズ戦でジャスティン・バーランダー投手から放って以来2試合ぶり。4番として先発した試合では2試合連続の本塁打となった。
 
 これで4連打となり一挙4得点。エンゼルスが4-2と試合をひっくり返した。

1 2