データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、14号2ランに二塁打と大暴れ ア軍エースバーランダーを完全攻略 

2018/08/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「4番・DH」で先発出場。第1打席で二塁打、第2打席では14号2ランを放ち、3打数2安打1本塁打2打点1死球の成績だった。
 
 代打出場が続いていた大谷だったがこの日は「4番・DH」で先発出場。アストロズの先発投手はメジャーを代表する右腕のバーランダーだ。大谷はバーランダーを相手に今季2度対戦し、通算7打数1安打という成績だ。特にメジャー初対戦では4打数無安打3三振と抑えられていた。
 
 しかし、この日の大谷は違う。2回の第1打席ではバーランダーの高めの変化球を右翼線へ運ぶ技ありの二塁打。さらに第2打席には無死一塁からバーランダーの初球を左中間に運び14号2ラン。5戦ぶりの一発でバーランダーを攻略した。
 
 第3打席ではバーランダーの高めの97マイル(約156キロ)の速球に空振り三振を喫し、5点を追う展開となった8回裏には代わったオスナに初球を腰に当てられ死球で出塁。なお、7回にはエンゼルスがアルトゥーベに死球を当てており、両軍に警告が出された。試合はエンゼルスが3-8で敗れた。