データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Dバックス・平野が1回無失点、エンゼルスに快勝 エ軍は大谷が代打で中前打も打線つながらず

2018/08/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が22日(日本時間23日)、本拠地でのロサンゼルス・エンゼルス戦にリリーフ登板。1回無安打無失点に抑え、ゲームを締めた。チームは5-1で勝利し、ダイヤモンドバックスは連勝を3に伸ばした。
 
 ダイヤモンドバックスは初回、ゴールドシュミットの29号2ランで先制に成功。4回には連打からアーメッドの適時打で1点を追加した。7回はペラルタの25号2ランでリードを広げた。
 
 平野は5-1の9回に登板。先頭コワートを見逃し三振、続くプホルスに7球粘られ、四球を与えた。だが、シモンズを1球で中飛に仕留め、最後はリベラを右飛に取った。
 
 この日1回17球(ストライク11球)を投げ、無安打1奪三振1四球。防御率を2.15とした。
 
 エンゼルスはダイヤモンドバックス先発バックホルツの好投の前に7回まで無得点。大谷翔平投手は6回に代打で中前打を放ったが得点にはつながらなかった。8回に1点を返したが、連敗を喫した。