データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第2打席は快足飛ばして内野安打 直後に2戦連続となる今季5個目の盗塁決める

2018/08/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者」で先発出場し、2回の第2打席で内野安打。直後に今季5個目の盗塁を決めた。
 
 エンゼルスは初回に先発のアンドリュー・ヒーニー投手が2失点。しかし、直後の攻撃で無死一、二塁から大谷が先発のジェイコブ・ターナー投手から第12号3ラン本塁打を放って逆転に成功。さらにこの回4点を追加し、7-2と大きくリードを広げた。
 
 タイガースに1点を返され7-3とされた2回、大谷は先頭打者として第2打席を迎え、今度は2番手のビクター・アルカンタラ投手と対戦。カウント2-2からの5球目、94.6マイル(約152キロ)のシンカーを弾き返すと、これがショートへの内野安打となった。複数安打は2試合ぶり。
 
 そして、大谷は続くアルバート・プホルス内野手の打席の初球に2試合連続となる今季5個目の盗塁を決める。しかし、その後プホルスの遊ゴロで三塁進塁を試み、ショートのホセ・イグレシアスがサードに送球してタッチアウト。追加点には繋がらなかった。