データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、3ラン被弾含む4失点で6敗目 ドジャースはあと1本出ず残塁「11」の拙攻

2018/07/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が30日(日本時間31日)、本拠地ドジャー・スタジアムでのミルウォーキー・ブリュワーズ戦に先発登板したが、5回途中4失点で今季6敗目を喫した。
 
 中5日を置き今季8勝目を狙ってマウンドに登った前田は初回、先頭打者のクリスチャン・イェリッチ外野手に二塁打を許すなど、いきなり無死満塁のピンチを背負う。ここでトラビス・ショウ内野手に86.9マイル(約140キロ)のスライダーを右前タイムリー安打とされて先制点を許した。
 
 2回は球場内の停電により22分間の中断を余儀なくされるも、15球で3者凡退。しかし、3回に再びブリュワーズ打線に捕まった。2死から四球と安打で一、二塁とすると、6番のエリック・テームズ内野手に対して、カウント0-1からの高めの速球を捉えられ、打球はセンター左へ消える痛恨の3ラン本塁打となった。
 
 ドジャースは、3回にマックス・マンシー内野手のタイムリー安打で1点を返しスコアは1-4。直後の4回、前田はわずか10球で2回以来となる3者凡退に抑えると、続く5回は、1死から先制タイムリーを浴びたショウに安打を許すなど一、二塁のピンチ。ここで再びテームズと対戦し、ここはチェンジアップで中飛に打ち取って2アウト。二塁走者をタッチアップで三塁に進塁させたが、怖い打者を打ち取ることに成功した。
 
 ここで、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督がベンチからマウンドに向かい投手交代を告げて、前田は降板。この日の前田は4回2/3、102球(ストライク64球)を投げて被安打7、与四球3、奪三振4、失点4の成績で、防御率は3.48となった。前田の投球数が100球を超えたのは、5月23日(同24日)のコロラド・ロッキーズ戦以来10試合ぶり。
 
 4回から無得点のイニングが続き、苦しい流れを強いられたドジャースは、8回に4番手で登板したハビア・バイエズ投手が、代打のヘスス・アギラ内野手にタイムリー安打を浴び1失点。ビハインドを4点に広げられてしまう。
 
 9回に、この日加入後本拠地で初出場となったマニー・マチャド内野手のソロ本塁打で1点を返したが、反撃はここまで。好機を逸するシーンが多く、残塁11が響いて2-5で敗れたドジャースは2連敗となり、先発の前田が今季6敗目を喫した。しかし、この日はナショナル・リーグ西地区2位のアリゾナ・ダイヤモンドバックスも敗れたたため、ドジャースは0.5ゲーム差のまま地区首位をキープしている。