データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、相手先発が左腕で5戦ぶりベンチスタート 今季打率.400と好調の代打で待機

2018/07/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスが、本拠地エンゼル・スタジアムで29日(日本時間30日午前5時7分)に行われるシアトル・マリナーズ戦のスターティングラインナップを発表し、エンゼルスの大谷翔平投手は5戦ぶりにベンチスタートになった。
 
 前日に16打席ぶりに安打を放った大谷だったが、この日は相手先発マルコ・ゴンザレス投手と苦手にしている左腕であることから先発メンバーから外れることとなった。大谷は、今季左投手に対して55打席に立ち49打数8安打で打率.163にとどまっている。
 
 大谷が先発を外れるのは24日(同25日)以来5日ぶり。大谷に変わり、指名打者にはアルバート・プホルス内野手が入った。しかし、試合途中で相手が継投に移った場合にはチャンスなどで大谷が代打として打席に立つ可能性もある。今季代打で打率.400(10打数4安打)と活躍しているだけに期待したいところだ。
 
 両チームのスターティングラインナップは次の通り。
 
<マリナーズ>
 
1番(二)ディー・ゴードン
2番(遊)ジーン・セグーラ
3番(左)デナード・スパン
4番(指)ネルソン・クルーズ
5番(中)ミッチ・ハニガー
6番(三)カイル・シーガー
7番(一)ライオン・ヒーリー
8番(右)ベン・ギャメル
9番(捕)マイク・ズニーノ
 
投 マルコ・ゴンザレス
 
<エンゼルス>
 
1番(三)デビッド・フレッチャー
2番(右)コール・カルフーン
3番(中)マイク・トラウト
4番(左)ジャスティン・アプトン
5番(指)アルバート・プホルス
6番(遊)アンドレルトン・シモンズ
7番(二)イアン・キンズラー
8番(一)ジェフリー・マーテイ
9番(捕)ホセ・ブリセーニョ
 
投 フェリックス・ペーニャ