データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、9戦ぶり8号ソロも8回好機で左腕に空三振 エンゼルスは中盤に投壊し逆転負け

2018/07/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのシカゴ・ホワイトソックス戦に「6番・指名打者(DH)」で先発出場。4回に8号ソロ本塁打を放ったが、エンゼルスは逆転負けを喫した。
 
 大谷はこの日相手右腕のルーカス・ジオリト投手と対戦し、2回の第1打席は大飛球の左飛。そして、2-1と逆転した後の4回の第2打席、1死走者なしの場面で外角高めの93.5マイル(約150キロ)の速球を完璧に捉え、センターバックスクリーンを超える第8号特大ソロ本塁打を放った。
 
 大谷の本塁打で3-1とリードを広げたエンゼルスだったが、5回に1点を返されると、6回にはホセ・アブレイユ内野手のタイムリー安打などで3失点。3-5と逆転を許してしまう。直後の攻撃で、大谷は先頭打者として第3打席を迎えるも詰まった当たりの左飛。この回エンゼルスは無得点で、試合の流れを引き戻せられない。
 
 そのままスコア3-5のまま試合は8回に進み、エンゼルスは先頭打者のここまで無安打だったアルバート・プホルス内野手がレフト線への安打で出塁。
 
 ここでホワイトソックスは大谷対策として左腕のジェイス・フライ投手に継投。守備も右寄りシフトを敷く中、大谷は初球から内角のカーブを2球連続で見逃し、速球を挟んでフルカウントとしたところで6球目の外角低めの89.1マイル(約143キロ)のカットボールに手を出したが空振り三振に倒れた。
 
 エンゼルスは9回に2死一、二塁のチャンスを作るも、最後はジャスティン・アプトン外野手が見逃し三振。3-5で敗れ、前日に続く連勝はならなかった。大谷は、この日4打数1安打(1本塁打)1打点で打率.281となった。