データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平の適応力を相手エースと指揮官が絶賛「素晴らしい打者になる」、「我々も手一杯」

2018/07/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が21日(日本時間22日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「5番・DH」で先発出場。4打数2安打を記録した。この試合で大谷はアストロズのジャスティン・バーランダー投手から快音を連発。二塁打と右直を放ち、前回対戦時の3三振からの修正力を披露した。その大谷についてバーランダーは試合後のインタビューで「素晴らしい打者になるだろう」と称賛している。
 
 大谷対バーランダー。前回対戦時は4打数無安打3三振と大谷は完全に抑えられていた。しかし、この日には早くも修正して打席に臨んでいた。第1打席はバーランダーの意表をつく、セーフティーバントを試みた大谷だったが、結果は惜しくも投ゴロ。
 
 しかし、第2打席で大谷はバーランダーの内角の直球を右翼へ二塁打。この時の打球の初速は約171キロだったという。さらに第3打席でも右翼へ鋭い当たりを放つ。惜しくもこの打球は右翼手の正面に飛び、右直となったが、大谷の高い適応力の高さが現れた試合だった。
 
 さらに、試合後にはバーランダーが大谷について「このリーグでは打者に対して適応しているが、彼は本当に適応力が高いね。彼は素晴らしい打者になるだろう」と適応力を称賛した。
 
 また、アストロズのヒンチ監督も大谷について「内角に良い球を投げていたが彼のスイングは本当に速い」として、「彼が打席に立つと我々も手一杯だ」とコメントした。
 
 後半戦が始まり、大谷に対してもこれまで以上に厳しい攻めや、弱点を突く投球が増えるだろう。今後、どのように攻略していくのか非常に注目だ。