データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、投球練習を開始へ 再検査で右肘靭帯回復を確認

2018/07/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスは19日(日本時間20日)、大谷翔平投手が損傷していた右肘の再検査を行い、投球練習を開始できると診断されたと発表した。
 
 大谷は、6月8日(同9日)に右肘内側側副靭帯の損傷と診断され、DL入り。PRP(多血小板血漿)療法と幹細胞注射を受け、28日(同29日)の再検査後に打撃練習を再開した。投球練習については、今回7月19日(同20日)の検査後に判断することになっていた。
 
 球団によると、ロサンゼルス市内の病院で検査を受け、「医学的にみて投球練習を開始することに支障はない」と診断されたという。