データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、リリーフ登板で気迫の“火消し”7勝目! ドジャースは地元LA対決勝ち越し

2018/07/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



4月7日以来、今季2度目のリリーフ登板

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が15日(日本時間16日)、本拠地ドジャー・スタジアムでのロサンゼルス・エンゼルス戦にリリーフ登板し、見事ピンチを火消し。今季7勝目を挙げた。
 
 今季17試合で16試合に先発登板していた前田だが、この日はスコア3-3の同点の7回2死一、二塁のピンチで、先発クレイトン・カーショウ投手の後を受け2番手として4月7日(同8日)以来今季2度目のリリーフのマウンドに登った。
 
 前田は、4番ジャスティン・アプトン外野手と対したが、死球を与えてしまい満塁としてしまう。しかし、続くイアン・キンズラー内野手をカウント2-2から外角低めへ84マイル(約135キロ)のスライダーを投げ込み空振り三振を奪って無失点。マウンド上で雄叫びを上げた前田は、地元ファンの大歓声の中ベンチに戻った。
 
 前田はこの日、1/3回7球(ストライク4球)を投げ無安打、与死球1、奪三振1、無失点。防御率は3.12となった。
 
 直後に、ドジャース打線はエンリケ・ヘルナンデス外野手が第16号ソロ本塁打を放って4-3と勝ち越しに成功。これで前田に勝利投手の権利が転がり込んだ。さらに8回にもアンドリュー・トールズ外野手のタイムリー安打で1点を追加して最終回9回を迎える。
 
 最後はクローザーのケンリー・ジャンセン投手が、代打で登場した大谷翔平投手を空振り三振に仕留めるなど無失点に抑え、ドジャースが5-3で勝利。地元での「フリーウェイシリーズ」に2勝1敗勝ち越し。敵地での同カード負け越しの借りを返した。さらに、リリーフ登板した前田が今季7勝目を挙げている。