データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、2試合ぶり先発出場 第3打席に快足飛ばして失策誘う

2018/07/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われているシアトル・マリナーズ戦に「6番・指名打者(DH)」で2試合ぶりに先発出場した。4回の第3打席では、快足を飛ばして敵失を誘って出塁し、7点目のホームを踏んだ。
 
 初回に3点の先制を許したエンゼルス。直後に4番アップトンの適時打で1点を返すと、2死一、二塁で大谷は第1打席を迎えた。フルカウントから先発マイク・リーク投手の6球目を見極め、四球選んだ。満塁のチャンスを演出するもキンズラーが選んで満塁のチャンスを演出するも次のキンズラーが遊直に倒れた。
 
 3-3で迎えた3回先頭の第2打席、大谷は3球目84マイルのチェンジアップを引っかけると、二ゴロに倒れた。
 
 エンゼルスは4回にプホルスの2ランなどで勝ち越しに成功。大谷は、6-3の2死走者なしで第3打席に立つと、5球目の84マイルのチェンジアップをスイング。打球は二塁へ転がり、大谷は一塁へ激走。二塁のゴードンが一塁へ悪送球し、出塁すると二塁まで進んだ。
続くキンズラーの適時打で、一気に三塁を回って本塁へ生還した。
 
 試合は4回を終え、7-3とエンゼルスがリードしている。