データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、代打出場で第7号勝ち越しソロHR 復帰後初本塁打は飛距離135メートルの特大弾

2018/07/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのロサンゼルス・ドジャース戦に代打出場し、第7号ソロ本塁打を放った。
 
 相手先発が左腕のアレックス・ウッド投手ということもあり、ベンチスタートとなった大谷は、3-3の同点で迎えた7回の先頭打者として代打で登場。
 
 ドジャース2番手の右腕J.T.チャーゴイス投手と対戦し、カウント2-2から内角低めの95.8マイル(約154キロ)の速球を捉えると、打球はセンター方向へ大きな放物線を描く第7号勝ち越しソロ本塁打となった。
 
 大谷の代打本塁打はキャリア初。そして、故障者リストから復帰して初めての本塁打となった。なお、米公式分析サイト『Statcast』によると、この打球の初速は109マイル(約176キロ)、角度は24度、飛距離は443フィート(約135メートル)だった。
 
 エンゼルスは7回を終了し、4-3とリードしている。