データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、9回2死から逆転サヨナラを呼び込む盗塁成功 マエケンとの対決は完敗

2018/07/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地でのロサンゼルス・ドジャース戦に「6番・指名打者」で先発出場。前田健太投手とメジャー初対決では2打席凡退、その後2打席は三振、四球で3打数無安打1四球1得点1盗塁で終えた。
 
 エンゼルス対ドジャースのフリーウェイ・シリーズの初戦は気温40度以上と猛暑の中プレイボール。大谷と前田はこの日がMLB初対決だが、日本時代は7打数2安打4三振という成績だ。
 
 メジャー初対決となった第1打席は三球三振。第2打席では1-2からどん詰まりの遊飛に打ち取られた。
 
 前田が降板した後の7回裏は左腕のアレクサンダーとの対決。追い込まれてから外に逃げる変化球に手を出し空振り三振を喫した。
 
 そして、1-2と1点をリードされた9回裏2死からはドジャースの抑えのジャンセンとの対決。2球で追い込まれるも四球を選び初出塁。そして続く打者の初球にスタートを切り二盗成功。さらに悪送球が重なり、2死三塁としたところでフレッチャーが適時打を放ち、チームは同点に追いついた。
 
 さらにチームはキンズラーが右翼前に安打を放ち、右翼手プイグの悪送球でフレッチャーがサヨナラのホームイン。大谷の盗塁から試合を一気にひっくり返し、3-2でエンゼルスがサヨナラ勝ちを収めた。