データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



平野、まさかのソロ被弾…連続無失点は26試合でストップ 勝ち越し打も許すなど4失点

2018/07/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が4日(日本時間5日)、本拠地チェイス・フィールドでのセントルイス・カージナルス戦にリリーフ登板し、ソロ本塁打を浴びて自身の連続無失点試合は「26」でストップした。
 
 平野は、2-1と1点リードの7回からマウンドに登った。これが今季42試合目の登板。まず先頭の8番ヤイロ・ムニョス内野手と対戦し、カウント1-0から92.1マイル(約148キロ)の速球を捉えられると、打球は右中間へ伸びて、センターを守るジャロッド・ダイソン外野手が差し出したグラブをわずかに越え同点ソロ本塁打となった。
 
 平野はこれが27試合ぶりの失点となり、自身の持つ球団の最長無失点試合記録は「26」でストップ。そして、あと1試合に迫っていたメジャー日本人投手最長記録(ボストン・レッドソックス時代の上原浩治投手の「27」)にはあと一歩届かなかった。
 
 平野はその後、代打のタイラー・オニール外野手をエラーによって出塁を許し、さらに1死二塁からトミー・ファム外野手にタイムリー安打を浴びて勝ち越された。直後の打者は右直に打ち取り2死としたが、4番マーセル・オズーナ外野手に左前安打を打たれ一、二塁とされたところで無念の降板となった。
 
 後を受けた3番手のフェルナンド・サラス投手は、ヤディアー・モリーナ捕手に初球の速球を弾き返され、痛恨の3ラン本塁打を被弾。平野が許した走者全員の生還を許し、7回表終了時で2-6と点差を広げられてしまった。
 
 平野はこの日2/3回、28球(ストライク19球)を投げ、被安打3(被本塁打1)、無四球、奪三振0、失点4(自責点1)の成績で防御率は1.43となった。