データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、復帰後初安打含む2安打&2得点! エンゼルスは13安打7得点で連敗ストップ

2018/07/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、敵地セーフコ・フィールドでのシアトル・マリナーズ戦に「6番・指名打者(DH)」で先発出場。二塁打を含む4打数2安打で故障者リストから復帰後初安打を記録した。
 
 右肘靭帯損傷で故障者リストに入っていた大谷は、前日から復帰。2試合連続で先発出場を果たした。第1打席は捕手による打撃妨害で出塁し、その後ルイス・バルブエナ内野手のタイムリー二塁打で生還。復帰後初得点を記録した。
 
 そして、4回無死二塁で迎えた第2打席、大谷はマリナーズ先発の右腕マイク・リーク投手と対戦し、初球の低め86.5マイル(約139キロ)のシンカーを強い打球で弾き返して右前安打。復帰後初安打をマークし、コール・カルフーン外野手のタイムリー安打によってこの日自身2得点目のホームを踏んだ。
 
 第3打席は、2番手の右腕ニック・ランベロー投手の前に左飛併殺に倒れたが、第4打席は3番手の右腕チェイセン・ブラッドフォード投手と対し、カウント1-0からの2球目、内角の92.5マイル(約149キロ)の速球を捉えてライト線へのライナー性の二塁打を放った。
 
 9回の第5打席は左腕のロエニス・エイリアス投手の前に二ゴロとなり、この日の大谷は4打数2安打2得点で打率を.287とした。
 
 エンゼルスは、マーティン・マルドナード捕手以外の先発全員が安打を放つなど13安打7得点。7-4で勝利を収め、連敗を2で止めた。