データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



平野、わずか1球で満塁ピンチを火消し 26試合連続無失点、上原の日本人記録まであと「1」

2018/07/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が3日(日本時間4日)、本拠地でのセントルイス・カージナルス戦にリリーフ登板した。1/3回を無失点に抑え、自身の球団記録を更新する26試合連続無失点を記録した。上原浩治投手が持つ日本人投手の連続無失点記録まで「1」とした。
 
 平野は4-2で迎えた7回、3番手として登板した。先発グレインキーが2死から連打を浴び、代って登板したデラロサが四球を与え、満塁のピンチとなった。
 
 ここでマウンドを引き継いだ平野。2番・ファムを初球83.5マイル(約134.4キロ)のスプリットで三ゴロに仕留め、わずか1球で火消しに成功した。直後の攻撃で代打を送られ、平野はここで交代した。
 
 ダイヤモンドバックスはリードを守り切り、4-2で勝利。連敗を4で止めた。