データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、第3打席は速球に見三振 試合勘戻らず元西武の左腕レブラン相手に3打席連続沈黙

2018/07/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 右肘靭帯損傷で故障者リスト入りしていたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、敵地セーフコ・フィールドでのシアトル・マリナーズ戦で約1カ月ぶりに復帰し、「6番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は見逃し三振を喫した。
 
 大谷は、相手先発の左腕ウェイド・レブラン投手に対し第1打席は見逃し三振、第2打席は左邪飛といずれもカットボールを捉えられず。
 
 第3打席は7回1死走者なしの場面で迎えた。この打席もレブランとの対戦で、初球の速球に空振りすると、2球目のチェンジアップは見極めボール。3球目のチェンジアップに空振りし、カウント1-2からの87.2マイル(約140キロ)の甘めにきた速球を見逃し、三振を喫した。試合勘が戻らないのか、かつて埼玉西武ライオンズに在籍していたレブラン対手に3打席連続で無安打となった。
 
 エンゼルスは7回表終了時点で1-3とリードを許している。