データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、復活5勝目に充実感「ベストの投球」 指揮官も満足「前回登板を生かし実行した」

2018/06/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が25日(日本時間26日)、本拠地ドジャー・スタジアムで行われたシカゴ・カブス戦に先発登板し、7回を投げ9奪三振無失点の好投。故障者リストから復帰後初勝利となる今季5勝目を挙げた。
 
 中5日を空けての登板となった前田は、この日省エネ投球で快投を披露した。5回に無死一、二塁のピンチを迎えるも、バント失敗による併殺などで無失点。速球を軸にカーブやスライダー、チェンジアップを用いながら8者連続アウトを2度記録するなど、アウトを次々に積み重ねていった。
 
 この日の前田は7回84球(ストライク59球)を投げて被安打3、与四球1、奪三振9、無失点の成績で防御率は3.44に良化。ドジャースは、前田の後を受けた2番手スコット・アレクサンダー投手、クローザーのケンリー・ジャンセン投手がリードを守り切って2-1で勝利し、4連勝。前田は復帰後初勝利となる今季5勝目を挙げた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、前田は試合後「DL(故障者リスト)から復帰して以来、ベストの投球ができた思う」と好投の充実感をコメント。そして、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督も前田について「(前回登板の)シカゴでの試合で自身の投球を見つけたように見えたが、今夜はそれを生かした投球を実行してくれた」と褒め称えた。