データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース逆転勝利も、前田は4回途中5四球3失点KO 指揮官も悔やむ「速球の制球が…」

2018/06/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が19日(日本時間20日)、敵地リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス戦に先発登板したが、4回途中3失点で降板。勝敗は付かなかった。
 
 故障者リストから復帰2戦目となった前田は、前日の中止を受けてのスライド登板。1点リードの2回に2死満塁からクリス・ブライアント内野手にレフト線への2点タイムリーエンタイトル二塁打を浴び1-2と逆転を許した。
 
 3回も申告敬遠と四球を絡め2死満塁のピンチを迎えたが無失点。しかし、4回に2死から安打とこの日5つ目の四球を許し一、二塁としたところで降板を余儀なくされた。
 
 前田はこの日3回2/3、74球(ストライク40球)を投げ被安打5、与四球5、奪三振2。2番手アダム・リベラトーレ投手が、タイムリー安打を浴び、前田が出した走者が生還したため、失点は3となり、防御率は3.84となった。
 
 ドジャースは1点を追う9回、一、二塁のチャンスで代打のカイル・ファーマー捕手が2点タイムリー二塁を放って逆転に成功。前田も苦しんだ球審の判定に抗議し、デーブ・ロバーツ監督ら3人が退場する事態もあったが、最終的に4-3で勝利を収めた。
 
 地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』によると、ロバーツ監督は前田について「速球を制球出来てきなかった。スライダーも機能していなかった」と制球に苦しんだ内容を悔やむコメントを残している。
 
 先発予定だった前日の試合が深夜に中止決定。そこから翌日昼にスライドしたことにより、調整も難しさを極めた。
 
 時折首を振り、球審の判定に対して不満を表情に出す光景も見られたこの日の前田。次回登板では、調整に悩まされることなく投球に集中し、好投することが期待される。