データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



パドレス傘下3Aの牧田、1回3安打2失点 防御率4.15に悪化

2018/06/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 サンディエゴ・パドレス傘下3Aのエルパソ・チワワズに所属する牧田和久投手が19日(日本時間20日)、本拠地でのセントルイス・カージナルス傘下3Aメンフィス・レッドバーズ戦にリリーフ登板した。1回を投げて2失点し、防御率は4.15となった。
 
 牧田は7-2で迎えた8回、4番手としてマウンドに上がった。先頭打者ウィルフレド・トーバー内野手に内野安打を許した。次の打者に暴投、四球を与えて無死一、二塁のピンチを招くと、代打マックス・シュロック内野手にレフトへの適時打を浴びた。
 
 その後は左直で打ち取ったが、1死一、二塁でラモン・ウリアス内野手が左前打を放ち、満塁のピンチを迎えた。タイラー・オニール外野手の犠飛でこの回2点目を献上。最後は三振で締めたが、牧田は1回を投げ、3安打、1奪三振、1四球、2失点の成績だった。