データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、終始厳しい判定に泣きKOもドジャース逆転勝利 復帰2戦目は4回途中3失点

2018/06/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



前日の降雨&停電による中止を受けてのスライド登板

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が19日(日本時間20日)、敵地リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス戦に先発登板し、4回途中3失点。勝敗は付かなかった。
 
 故障者リストから復帰2戦目となった前田は前日の中止を受けてのスライド登板。初回、幸先良く1点の援護をもらってマウンドに登り、2死から3番ベン・ゾブリスト内野手に速球を左前安打とされたが、続くアンソニー・リゾー内野手をチェンジアップで二ゴロに打ち取り、無失点に抑えた。
 
 2回は、連続安打と四球で2死満塁のピンチを迎える。ここで1番クリス・ブライアント内野手にフルカウントから84.8マイル(約136キロ)のスライダーを捉えられ、レフト線への2点タイムリーエンタイトル二塁打を浴び1-2と逆転を許してしまった。
 
 前田は3回も2死満塁のピンチを迎えたが、何とか無失点。しかし、4回に2死からジェイソン・ヘイワードに速球を弾き返されて右前安打を許すと、続くベン・ゾブリスト内野手にストレートの四球を与え、一、二塁としたところでデーブ・ロバーツ監督が早くも投手交代を決断した。
 
 前田はこの日3回2/3、74球(ストライク40球)を投げ被安打5、与四球5、奪三振2。2番手アダム・リベラトーレ投手が、タイムリー安打を浴び、前田が出した走者が生還したため、失点は3となり、防御率は3.84となった。
 
 特に、際どい外角のコースを球審のトリップ・ギブソンにストライク判定してもらえない影響が結果に表れる形になってしまい、試合の流れを終始掴むことができなかった。
 
 ドジャースは5回、見逃し三振の判定で球審に抗議したマット・ケンプ外野手とロバーツ監督が揃って退場処分を受ける厳しい状況となる。
 
 しかし、6回にヤシエル・プイグ外野手のタイムリー安打で1点差に詰め寄り、9回2死一、二塁から代打のカイル・ファーマー捕手が起死回生の2点タイムリー二塁打を放ち4-3と逆転に成功。この時点で前田の負けが無くなった。
 
 そして最後はクローザーのケンリー・ジャンセン投手が無失点に抑え、勝利を収めた。