データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



平野、14回2/3連続無失点はリーグ3位の好成績 指揮官「ヨシは安心して見ていられる」

2018/06/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



自身メジャー最長更新の17試合連続無失点

 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が12日(日本時間13日)、本拠地で行われたピッツバーグ・パイレーツ戦にリリーフ登板し、1回無失点好投。連続無失点試合を17に伸ばした。
 
 平野は、10-8と2点リードの7回2死一、三塁の場面で5番手として登板。パンチ力のあるショーン・ロドリゲス外野手に対し、初球からスプリットを3球続けカウント1-2とすると、最後は81.9マイル(約132キロ)のスプリットで二ゴロに打ち取り、ピンチを無失点で凌いだ。
 
 回またぎとなった8回、平野は先頭のジョシュ・ハリソン内野手に82マイル(約132キロ)のスプリットを弾き返され右前安打とされるが、続くコリー・ディッカーソン外野手はスプリットで二ゴロ。1死二塁となってスターリング・マーテイ外野手を89.1マイル(約143キロ)の速球で右直に打ち取った。
 
 2死となったところで平野は降板。マウンドを引き継いだブレイデン・シプリー投手が後続の打者をきっちり打ち取った。平野はこの日1回12球(ストライク10球)を投げ被安打1、無四球、無失点。防御率は1.55とし、自身の連続無失点試合を「17」に伸ばした。この間14回2/3連続無失点となり、これは現在継続中の記録ではナショナル・リーグ3位の好記録となっている。
 
 ダイヤモンドバックスは、序盤のリードを守り切って13-8で勝利し、今季初の5連勝を飾った。
 
 米公式サイト『MLB.com』によれば、ダイヤモンドバックスのトロイ・ロブロ監督は、7回のピンチで見事な火消しを見せた平野について「どんな状況でも、ヨシ(平野の愛称)は安心して見ていられるよ」とその抜群の安定感を絶賛。そして、「攻撃的な試合運びができて、とても強さを感じている」と、5連勝として6月好調をキープし続けている現状を楽しめているとコメントした。
 
 ナショナル・リーグ西地区首位を快走するダイヤモンドバックス。その中で平野の活躍は特別強い輝きを放つとともに、欠かせない大切な戦力になっている。