データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、あすレンジャーズ戦に先発登板へ 右臀部の張りから約2週間で復帰

2018/06/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が、13日(日本時間14日)に本拠地ドジャー・スタジアムで行われるテキサス・レンジャーズ戦に先発登板することが分かった。
 
 前田は、5月29日(同30日)の本拠地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦で先発登板し、2回途中で右臀部の張りを訴えて降板。結局この試合は自身メジャー最短1回2/3を投げ、被安打3、与四球1、奪三振2、失点2で今季4敗目を喫していた。
 
 翌30日(同31日)に10日間の故障者リスト(DL)に入ったが、それから約2週間の治療を経て復帰のマウンドに登ることになった。
 
 現在、日本出身の先発投手は大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)、田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)、ダルビッシュ有(シカゴ・カブス)が故障者リスト入りしている危機的状態なだけに、一足早く復帰する前田に一層の期待が注がれる。
 
 また、11日(同12日)時点でナショナル・リーグ西地区2位に位置しているドジャースにとっても、先発のウォーカー・ビューラー投手が右肋骨亀裂骨折で10日間の故障者リストに入ったことにより、前田への期待は大きいはずだ。