データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中のDL入り、メジャー日本人先発が全員戦線離脱 前田は来週中にもローテ復帰か

2018/06/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースが9日(日本時間10日)、両太もも裏の張りのため、田中将大投手の故障者リスト(DL)入りを発表した。これでメジャーリーグの日本人先発投手4人全員がDL入りとなった。
 
 田中は8日(同9日)、敵地でのニューヨーク・メッツ戦に先発登板。初回に先頭打者本塁打を浴びたが、5回まで許したのはその1失点のみ。8奪三振の力投を見せていた。
 
 しかし、6回の攻撃でアクシデントが発生した。投手も打席に立つナショナル・リーグ主催試合で、田中は先頭打者で打席に入ると、相手失策で出塁。ジャッジの犠飛で本塁へ激走し、同点のホームを踏んだ。この際、両太ももの裏に張りを訴えたため、6回のマウンドには上がらなかった。
 
 8日には、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が右肘の内側側副靱帯を損傷し、10日間のDL入り。球団によると、大谷はPRP(多血小板血漿)療法と幹細胞注射を受け、3週間後に再検査をする予定だ。
 
 また、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手は右上腕三頭筋の炎症でDL入り。シカゴでリハビリを続けており、すでにキャッチボールを再開しているという。
 
 右股関節の張りでDL入りしているロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手。米公式サイト『MLB.com』によると、8日(同9日)にブルペン投球を行い、復帰に向けて調整を続けている。ロバーツ監督は「順調にいけば来週の先発ローテーションで復帰させられる」と話している。
 
 日本人メジャーリーガーで現在25人枠に入っているのは、15試合連続無失点の平野佳寿投手(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)のみ。日本人先発が“全滅”するという異常事態が発生している。