データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



接戦に強いマリナーズ 今季20試合目の1点差勝利で40勝到達 イチロー初年度以来のPO進出なるか

2018/06/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 シアトル・マリナーズが絶好調だ。現地8日の試合でタンパベイ・レイズを相手に4-3で勝利し、40勝に到達。特に直近20試合では16勝4敗と2003年以来の成績で一気にア・リーグで3番目の勝率(.635)となった。また、MLB公式サイトによると、40勝のうち20勝は1点差ゲームという。
 
 この日は今季すでに6勝とブレイク中のマルコ・ゴンザレスが登板。リズムよく2回を無失点に打ち取ると、3回に味方が2点を援護。さらに4回、5回にも1点ずつを加えリードを広げる。ゴンザレスは5回に1点を失うも、8回途中まで投げきり、2失点で降板した。8回に後を受けたコロメが本塁打を浴び、1点差とされるが、なんとか逃げ切り、4-3で勝利した。
 
 この勝利が今季のマリナーズにとってMLBトップとなる20回目の1点差勝利。さらに40勝に達し、2位のアストロズとは1ゲーム差ながらも、地区首位をキープしている。勢いに乗っているマリナーズだが、チームの雰囲気もとても良いとゴンザレスは語る。「素晴らしいクラブハウスだよ。今までプレーしたチームの中で最も楽しいチームのひとつだ。お互いにプレーするのを愛しているし、信念を持っている。そしてパニックにならないんだ。1点差の試合だとしてもね」とMLB公式サイトのインタビューに語っている。
 
 イチローフィーバーに湧いた2001年以来プレーオフにすら進出できていないマリナーズ。イチローがマリナーズに戻ってきた2018年に17年ぶりにプレーオフに進出することができるのだろうか。