データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



バムガーナー、左手骨折から復帰も今季初登板黒星 ジャイアンツはエース復活で上位浮上なるか

2018/06/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 サンフランシスコ・ジャイアンツのマディソン・バムガーナー投手が5日(日本時間6日)、本拠地でのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に今季初登板した。オープン戦での左手の骨折から復帰して6回2失点。先発の役目を果たしたが、チームは2-3で敗れて黒星を喫した。
 
 バムガーナーは初回、ランナーを出しながらも無失点スタート。2回はオーウィングスとネグロンの適時打で2点を許した。その後はランナーを背負いながらも要所を凡打に取り、6回まで無失点で切り抜けた。6回で82球を投げ、8安打3奪三振2失点の成績だった。
 
 しかし、相手先発コービンが6回1失点と好投し、ジャイアンツは2-3で敗れた。
 
 敗戦投手となったが、エース左腕は無事に復活を果たした。ジャイアンツは5日試合終了時点で、現在ナショナル・リーグ西地区4位。1位から4位までのゲーム差は2.5と混戦となっている。エースの復活が上位浮上の契機となるか注目だ。