データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、6回に代打出場し内野安打&一時同点の生還 左腕考慮でベンチスタートも結果残す

2018/06/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われているカンザスシティ・ロイヤルズ戦で代打出場し、内野安打を放って一時同点となるホームを踏んだ。
 
 この日ロイヤルズの先発投手が左腕のダニー・ダフィーだったことから、今季左腕相手に打率.143と苦手にしている大谷はベンチスタート。
 
 大谷は、4-5と1点差に迫った6回1死走者なしの場面で代打出場。この回から登板した2番手の右腕ケビン・マッカーシー投手と対戦した。カウント2-1から4球目の92.7マイル(約149キロ)の速球を弾き返すと、これがセカンドへの内野安打となり同点のランナーとして出塁。
 
 続くイアン・キンズラー内野手は四球で一、二塁となり、ここで2番マイク・トラウトがセンターへタイムリー安打を放って、大谷が快足を飛ばして二塁から同点のホームを踏んだ。
 
 エンゼルスは、さらに2死二塁からアルバート・プホルス内野手がタイムリー安打を放ち6-5と勝ち越しに成功。
 
 試合は7回に入り、エンゼルス4番手のノエ・ラミレス投手がサルバドール・ペレス捕手にソロ本塁打を浴びて6-6の同点となった。