データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マイコラス、今季初黒星を喫する 悔しさあらわ「本当に本当に勝ちたかった」

2018/06/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 今季からセントルイス・カージナルスに所属する元読売ジャイアンツのマイルズ・マイコラス投手が1日(日本時間2日)、本拠地でのピッツバーグ・パイレーツ戦に先発登板。6回を6安打、1四球、2三振、2失点(1自責)に抑えるも、打線の援護がなく今季初黒星を喫した。
 
 今季未だ負けなしのマイコラスはこの日も試合を作る。3回には失策が絡む不運な失点で先制を許すが、6回までに2失点と好投した。しかし、相手先発のタイヨンが1枚上手。タイヨンは8回をわずか3安打無失点に抑え、カージナルス打線を封じ込んだ。
 
 試合は0-3でカージナルスが敗戦。これによりマイコラスには今季の初黒星が記録された。試合後にマイコラスは地元紙『セントルイス・ポスト・ディスパッチ』のインタビューで「タフなミルウォーキーとのシリーズ後の今日の試合は本当に本当に勝ちたかった」と悔しさを表したという。
  
「でも、これ(敗戦)はいつかは起こることだよ。誰も完璧ではない。この後すべての試合で勝つために頑張るよ」と語ったマイコラス。今後の活躍にも期待だ。