データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



平野、メジャー自己最長更新の11戦連続無失点 Dバックスは3週間ぶり連勝

2018/05/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が29日(日本時間30日)、本拠地チェイス・フィールドで行われたシンシナティ・レッズ戦にリリーフ登板し、1回無失点の好投で自身の連続無失点試合を「11」に伸ばした。
 
 メジャー自己最長の10試合連続無失点中の平野は、先発投手の後を受け5-3と3点リードの7回から2番手としてマウンドに登った。先頭の9番ビリー・ハミルトン外野手に3球スプリットを続けてカウント1-2とすると、4球目も83.2マイル(約134キロ)のスプリットを投げ込んだがこれを中前へ弾き返され無死一塁。
 
 続くアレックス・ブランディーノ内野手には一転速球攻め。速球を2球続け0-2と追い込むと、スプリットを1球挟んだ後、最後は90.7マイル(約146キロ)の速球で空振り三振。そして、タッカー・バーンハート捕手にも速球2球を続けた後スプリットで空振りを取りカウント1-2、最後は83.1マイル(約134キロ)のスプリットを落とし切って三ゴロ、5-6-3の併殺を完成させ3アウトを取った。
 
 先頭に出塁を許しながら無失点で切り抜けた平野は、この日1回12球(ストライク9球)を投げて被安打1、無四球、奪三振1、無失点。連続無失点試合を「11」に伸ばし、防御率は1.85となった。
 
 ダイヤモンドバックスは、8回をアーチー・ブラッドリー投手、9回をブラッド・ボックスバーガー投手がともに無失点に抑えて、そのまま5-3で勝利。5日~8日(同9日)の3連勝以来約3週間ぶりの連勝を決めた。この間は泥沼の6連敗と7連敗がそれぞれあり低調を極めたが、久々に連勝したこの勢いを持って地区首位を取り戻したいところだ。