データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大が大谷翔平に貫録勝ち!6回8Kの好投で6勝目 大谷は2三振喫し3戦連続無安打

2018/05/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手とロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、それぞれ投手と打者として対戦した試合が27日(日本時間28日)、ヤンキー・スタジアムで行われ、田中は6回1失点で今季6勝目を挙げたが、「4番・指名打者(DH)」で先発した大谷は2打数無安打に終わった。
 
 田中は今季11度目の先発マウンド。21日(同22日)以来中5日を空けて迎えた試合だったが、大谷との対戦で注目される中で圧巻の投球を見せた。
 
 この日は強風と小雨の中での試合。田中は初回、2死一塁からメジャー初対決となった大谷翔平投手をフルカウントから85.6マイル(約138キロ)のスライダーで空振り三振に仕留めるなど無失点に抑え、上々の立ち上がりを見せた。また2回、3回も無失点に抑えて序盤を締めくくった。
 
 ヤンキースは、3回に2者連続の押し出し四死球と内野ゴロの間の1得点でこの回3点の先制に成功。4回、援護をもらった田中は無死一塁から大谷とこの日2度目の対戦。カウント3-1から四球を与え一、二塁とピンチとなったが、その後空振り三振、投ゴロ併殺に打ち取って無失点で切り抜けた。
 
 田中は5回に2三振を奪うなど無失点。6回は1死からアンドレルトン・シモンズ内野手にスライダーを捉えられ、ソロ本塁打を喫し1点を返されたが、続く大谷はカウント1-2から低めの88.7マイル(約143キロ)のスプリットで空振り三振を奪い2アウト。後続も打ち取って最少失点でイニングを投げ終えた。
 
 田中は、7回以降のマウンドをリリーフ投手陣に譲り、勝ち投手の権利を持って交代。この日は6回104球(ストライク64球)を投げ被安打3、与死球3、奪三振8、失点1の成績で防御率を4.62とした。
 
 ヤンキースは、その後も7回デビット・ロバートソン投手、8回デリン・ベタンセス投手、9回はクローザーのアロルディス・チャップマン投手と無失点リレーを繋いで3-1で勝利を収め、好投の田中は今季6勝目を挙げた。
 
 一方エンゼルスの大谷は、田中から2三振を喫し、9回にはチャップマンから四球を選び三塁まで進んだが得点には結びつかず。この日は2打数無安打2四球で3試合連続無安打に終わり、この間9打数無安打で打率は.291となった。
 
 エンゼルスは、先発のゲリット・リチャーズ投手が暴投を連発するなど制球に苦しみ3回途中3失点で降板。打線もシモンズのソロ本塁打の1得点のみで、放った安打は4本にとどまった。