データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、大谷から2三振! 悪天候に屈せず6回1失点の好投で勝利投手の権利得て交代

2018/05/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキースタジアムで行われているロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板。6回1失点で勝利投手の権利を持って交代した。
 
 田中は今季11度目の先発マウンド。5勝目を挙げた21日(同22日)の敵地テキサス・レンジャーズ戦から中5日を空けて迎えた。
 
 この日は強風と小雨の中での試合。田中は初回、2死一塁からメジャー初対決となった大谷翔平投手をスライダーで空振り三振に仕留めるなど無失点に抑え、上々の立ち上がりを見せた。2回は5番からの攻撃を3者凡退、3回も2死から四球で走者を背負うものの、マイク・トラウト外野手を中飛に抑えて無失点。序盤3回までを終え52球を要したが、1安打無失点に抑える好投を見せた。
 
 ヤンキースは、直後の攻撃で1死満塁から2者連続の四死球で2得点。さらに内野ゴロの間に1得点し、この回3点の先制に成功する。
 
 4回、援護をもらった田中は無死一塁から大谷とこの日2度目の対戦。カウント3-1から四球を与え一、二塁とピンチとなったが、その後空振り三振、投ゴロ併殺と冷静なマウンドさばきで無失点で切り抜けた。
 
 5回は2三振を奪い無失点。6回は先頭のトラウトをスプリットで見逃し三振としたが、続くアンドレルトン・シモンズ内野手に真ん中の82.9マイル(約133キロ)のスライダーを捉えられ、レフトスタンドへのソロ本塁打を喫し1点を返される。続く大谷はカウント1-2から低めの88.7マイル(約143キロ)のスプリットで空振り三振を奪い2アウト。ルイス・バルブエナ内野手も右飛に抑え、最少失点でイニングを投げ終えた。
 
 田中は、7回のマウンドを2番手のデビッド・ロバートソン投手に譲り、勝ち投手の権利を持って交代。この日は6回104球(ストライク64球)を投げ被安打わずか3、与死球3、奪三振8、失点1の成績で防御率を4.62とした。
 
 試合は7回を終了し、3-1でヤンキースがリードしている。