データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、3打数2安打で8試合ぶりマルチ エンゼルスは2連勝

2018/05/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、敵地でのトロント・ブルージェイズ戦に「5番・指名打者(DH)」で先発出場し、3打数2安打2四球1三振で、打率.319とした。チームは8―1で快勝し、2連勝を飾った。
 
 2回の第1打席は四球を選び、先制のホームを踏んだ大谷。3点リードの3回の第2打席では、相手先発エストラーダの88.9マイル(約143キロ)速球を二塁打とした。
 
 第3打席は2番手ループに3球三振に取られた大谷。5-1の8回先頭での第4打席、4番手マグワイアから四球を選んだ。
 
 7-1の9回2死走者なしで迎えた第5打席、大谷は初球を痛烈なセンター返し。快足を飛ばすも二塁でアウトになるが、エンゼルスのチャレンジで判定が覆った。大谷は前日の同点適時打に続く2戦連続安打をマーク、マルチ安打は8試合ぶりとなった。
 
 試合はエンゼルスが2回にマルドナードの2点適時打で先制。5回にトラウトの15号ソロ、9回にプホルスの7号ソロが飛び出すなど着実に得点。先発トロピアーノが7回途中、4安打1失点と好投し、前日の逆転劇から2連勝とした。