データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、6個の3球三振含む今季最多12Kで4勝目! ドジャースは無失点リレーで快勝

2018/05/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が23日(日本時間24日)、本拠地ドジャー・スタジアムで行われたコロラド・ロッキーズ戦に先発登板し、7回途中12奪三振、無失点の好投で今季4勝目を挙げた。
 
 過去7試合に登板し4勝2敗、防御率は2.56と相性が良いロッキーズに対し、前田は序盤を46球(ストライク30球)、打たせて取る投球で無失点に抑える。
 
 4回は自慢の制球力が威力を発揮。デビッド・ダール外野手をカーブ、ノーラン・アレナド内野手からはスライダーで空振り三振を奪い、最後はヘラルド・パーラ外野手に対しカーブで空振り三振に仕留めて、この回は圧巻の3者連続三振とチームに勢いを付ける投球を見せた。
 
 前田の好投に応えたい打線は、2本の安打で1死一、二塁のチャンスを作ると、ここでローガン・フォーサイス内野手がレフト線へタイムリーとなるエンタイトル2塁打を放ち1点を先制。さらに1点を追加した打線は、この回2点を前田にプレゼント。
 
 5回に2三振を奪うなどここも無失点に抑えた前田は、6回に最大のピンチを迎える。3-0とした6回、前田は1死から四球と安打で一、三塁とこの試合初めて2人の走者を背負うと、3番のアレナドに対し外角へスライダーを2球続け0-2と追い込むと、最後も84.2マイル(約135キロ)のスライダーを外角へ投げ込んで空振りを奪い3球三振。続くパーラに対しても、カーブとチェンジアップで2球で追い込むと、84.4マイル(約136キロ)のチェンジアップを外角に決めて空振り三振。前田は、ピンチを切り抜け雄叫びを上げながら、マウンドを降りた。
 
 6回97球という球数だったが、デーブ・ロバーツ監督は前田の続投を決断。7回、前田は先頭のトレバー・ストーリー内野手を速球で三振に仕留めると、続くデズモンドもスライダーで空振り三振。しかし、ここでクリス・アイアネッタ捕手に四球を与えて、ロバーツ監督は交代を告げた。前田は本拠地ファンのスタンディングオベーションを受けながら降板し、2番手のペドロ・バイエズ投手に後を託した。
 
 前田はこの日6回2/3、自己最多111球(ストライク78球)を投げて被安打2、与四球4。奪三振は2016年に記録した13個には惜しくも及ばなかったが今季最多の12。バイエズが走者の生還を許さなかったため、無失点となり、防御率は3.38となった。
 
 試合は、ドジャースがスコット・アレクサンダー投手、ケンリー・ジャンセン投手が無失点リレーを繋ぎ、3-0で勝利。前田は前回登板に続く好投で今季4勝目を挙げた。