データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、9回満塁から起死回生の同点2点タイムリー! エンゼルス土壇場で打線繋がり逆転勝利

2018/05/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



ここまで打者出場26試合で2試合連続無安打はなし

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ロジャーズ・センターで行われたトロント・ブルージェイズ戦に「5番・指名打者(DH)」で先発出場。9回に2点タイムリーを放ち勝利に大きく貢献した。
 
 前日無安打に終わった大谷は、この日の相手先発アーロン・サンチェス投手にも苦戦を強いられる。2回の第1打席では94.8マイル(約153キロ)の高めの速球に空振り三振を喫すると、続く4回の第2打席は四球。
 
 5回に回ってきた第3打席は2死一、二塁のチャンスだったが、速球にカーブとチェンジアップを織り交ぜられ、カウント2-2から最後は真ん中に来た94.4マイル(約152キロ)の速球を叩くも左飛に打ち取られた。
 
 試合は、エンゼルス先発のタイラー・スキャッグス投手が前半5回までに2本塁打を浴びるなど3失点。エンゼルス打線は、6回にマーティン・マルドナード捕手のタイムリー安打で1点を返し、なお2死一、二塁でマイク・トラウト外野手が左前安打を放つも、二塁走者が生還する前に一塁走者のコール・カルフーン外野手が三塁手前でタッチアウトとなり追加点はならず。3-1でブルージェイズがリードする形で終盤7回に入った。
 
 大谷の第4打席は、7回1死二塁の場面。ブルージェイズ5番手の左腕アーロン・ループ投手に対し、ボール2球を見極めた後、3球目の低めの速球は見逃し、4球目の内角の速球をファールとしてカウント2-2。そして、最後5球目の真ん中に来た93.5マイル(約150キロ)の速球を見逃して三振を喫した。
 
 2点差のままイニングは9回まで進み、大谷は1死満塁という大きなチャンスで第5打席を迎えた。ブルージェイズ7番手のタイラー・クリッパード投手に対し、初球のチェンジアップを見極めた後、カウント1-0から外角低めの79.4マイル(約128キロ)のチェンジアップを腕を伸ばしながら弾き返すと、これが中前への2点タイムリー安打となり、一気に3-3の同点に追いついた。
 
 なおも一、三塁でアンドレルトン・シモンズ内野手が2点タイムリー安打を放って勝ち越しに成功。この回4得点し逆転したエンゼルスは、直後に1点を返されたが何とか逃げ切り5-4で勝利。
 
 大谷は4打数1安打2打点1四球で、打率を.308とした。ここまで打者として出場した26試合で、代打を含めて2試合連続無安打だったことはなく、この日も追い詰められた場面で勝負強さを発揮して、チームの勝利に大きく貢献した。