データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダル、今季初勝利も初回反省 指揮官は評価「速球修正してスライダー捉えるのが難しく」

2018/05/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



打者の傾向に合わせて投球。制球を修正し“幅”広がる

 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、敵地グレート・アメリカン・ボールパークで行われたシンシナティ・レッズ戦に先発登板し6回1失点と好投。今季初勝利を挙げ、日米通算150勝も達成した。
 
 ダルビッシュは初回、2死満塁からスコット・シェブラー外野手に速球を弾き返され、ショートへのタイムリー内野安打で先制点を許してしまう。1失点のみだったが、立ち上がりから39球を要してしまう展開に不穏な空気が漂った。
 
 しかし、味方打線が逆転した2回以降は5イニング連続で15球以下にとどめる内容で、スコアボードにも「0」を重ねていく。特に5回は今季失点を多く喫していただけに、そこを抑えて6回まで投げ切ることができたのは先発投手として大きな仕事だった。
 
 ダルビッシュはこの日6回94球(ストライク57球)被安打2、与四球3、与死球2、奪三振7、失点1の成績で防御率を4.95と4点台に改善させた。チームもリードを守って6-1で快勝し、ダルビッシュは今季8度目の登板で初勝利を挙げるとともに、日米通算150勝(メジャー通算57勝)を達成した。
 
 米公式サイト『MLB.com』によれば、試合後ダルビッシュは、「速球は感触が良く、打者がかなり積極的だったので、ストライクゾーンに投げ込むことができた」と通訳を介してコメント。しかしながら「オフスピード(スピードを抑えた変化球)は速球と同様に初回に良くなかった」と反省も口にした。
 
 一方、カブスのジョー・マドン監督は「ダルビッシュは2回以降、速球のコマンド(制球)を修正させたね。そうすることでスライダーを捉えるのはさらに難しくなる」と評価していた。
 
 今季ようやく初勝利を挙げたダルビッシュだが、まだ5月半ば。今後はこれまでの借りを返すように白星をどんどん積み重ねていってほしいところだ。