データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今季初勝利&日米通算150勝狙うダルビッシュ 6回1失点で勝利投手の権利持って降板

2018/05/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



初回に39球要するも、2回以降立て直す

 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、敵地グレート・アメリカン・ボールパークで行われているシンシナティ・レッズ戦に先発登板。6回1失点で、勝利投手の権利を持って交代した。
 
 今季初勝利と日米通算150勝を狙うダルビッシュ。先発登板は今季8度目で、15日(同16日)以来5日ぶり。前回登板は敵地でのアトランタ・ブレーブス戦で、4回61球を投げて被安打3、失点1の成績だったが、右ふくらはぎの痙攣(けいれん)の影響で降板を余儀なくされた。レッズ戦は過去2試合に登板し1勝0敗、防御率は2.13となっている。
 
 初回、ダルビッシュは先頭打者に四球を与え、その後安打と死球で1死満塁のピンチを背負う。ここで5番のアダム・デュバル外野手を95マイル(約153キロ)の速球で空振り三振。しかし、続くスコット・シェブラー外野手には95.7マイル(約154キロ)の速球を放ったが、ショートへのタイムリー内野安打を打たれ先制点となる1失点を喫した。続く打者を抑えイニングを終えたが、立ち上がりから39球(ストライク24球)を要してしまった。
 
 2回、カブスはカイル・シュワーバー外野手、ハビア・バイエズ内野手による2者連続本塁打で3-1と逆転に成功。前のイニングから切り替えたいダルビッシュは、8番から始まったレッズの攻撃を空振り三振、右直、見逃し三振とわずか11球で3者凡退。11球中9球が速球と力で押す投球が目立った。そして3回も1三振を奪うなどテンポ良く3者凡退に抑え、61球(ストライク37球)で序盤を投げ終えた。
 
 中盤の4回、ダルビッシュは2つの四球で一、二塁とするものの無失点。5回にカブスはベン・ゾブリスト内野手のソロ本塁打で1点追加し4-1とする。援護を受けたダルビッシュは、先頭打者にこの日2個目の死球を与えたが、バイエズの好守による併殺もあって無失点。今季ここまで計14失点を喫していたイニングに「0」を刻んだ。
 
 6回を2奪三振含む3者凡退に抑えたダルビッシュは、ダグアウトに戻ってジョー・マドン監督と握手。ここで交代となり、この日は6回94球(ストライク57球)、被安打2、与四球3、与死球2、奪三振7、失点1の成績で防御率を4.95とした。勝利投手の権利を持っての降板となり、自身の今季初勝利と日米通算150勝に向けて後をリリーフ陣に託すこととなった。
 
 試合は7回表を終了し6-1でカブスがリード。カブスは2番手としてペドロ・ストロップ投手がマウンドに登っている。