データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ロッキーズのアレナドの膝つきノーバン送球が話題に MLB公式「君はありえない!」

2018/05/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 コロラド・ロッキーズのノーラン・アレナド内野手といえば、強打の三塁手であると同時に、守備の上手さでも有名だ。打っては2015年から2年連続で本塁打と打点の二冠王。さらにワールド・ベースボール・クラシックでは米国代表の4番を務めた。守っては2013年からは5年連続でゴールドグラブ賞を受賞。まさにMLBを代表する三塁手だ。そのアレナドが18日(日本時間19日)に敵地で行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で魅せた驚愕のプレーに注目が集まっている。
 
 アレナドが華麗な守備を披露したのは3回裏だ。0-1でジャイアンツが1点をリードしている展開で、打席にはジャイアンツのトムリンソン。トムリンソンは2-0から三塁線へ強烈な当たりを放ち、三塁手のアレナドは横っ飛びで捕球した。ここまでは野球ではよくある光景だが、捕球後にアレナドはまさかの立ち上がらずに、地面に膝をつきながら一塁へ送球。ボールは矢のような速さで一塁手にノーバウンドで届き、打者のトムリンソンは楽々とアウトにされてしまった。
 
 このプレーに現地の実況は思わず「信じられない」と語り、メジャーリーグの公式ツイッターでも「ノーラン、君はありえない!」と動画付きで速報。そのツイートも多く拡散され、他のスポーツメディアでも多く速報されるなど、まさに今季のMLBの中でもトップクラスの好プレーとなった。

1 2