データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、4勝目ならずも指揮官は好投を絶賛「驚異的だ」 中5日登板についても言及

2018/05/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



圧巻の11奪三振。好投続け1-0の僅差で降板…

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたミネソタ・ツインズ戦に先発登板し、7回途中11奪三振の好投。自身に勝ち星は付かなかったが、チームは9回にサヨナラ勝利を収めた。
 
 大谷の先発登板は、6日の敵地でのシアトル・マリナーズ戦以来7日ぶり(中6日)。大谷は、3回までに5者連続を含む7奪三振を記録するハイペースで三振の山を積み上げた。走者を許した場面も粘りの投球が光って、6回には2死三塁のピンチを背負うも、最後は4番のエディ・ロザリオ外野手をスプリットで空振り三振に仕留めてマウンド上で雄叫び。
 
 1-0と僅差のリードで迎えた7回は、先頭の指名打者ミッチ・ガーバーを一飛に打ち取り1アウト取ったが、続くローガン・モリソン内野手に四球を与え1死一塁としたところでマイク・ソーシア監督に交代を告げられて降板。2番手の投手が走者の生還を許し同点とされたため、失点1が記録されるとともに今季4勝目の権利が消滅した。この日の大谷は、6回1/3、メジャー自己最多となる103球(ストライク69球)を投げて被安打3、与死球2、奪三振11、失点1で防御率は3.58となった。
 
 試合は、エンゼルスが同点の9回に1死二塁のチャンスを作り、1番のザック・コザート内野手がタイムリー安打を放って2-1でサヨナラ勝ちを収めた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によれば、エンゼルスのソーシア監督は、大谷の投球について「『堅実』ではなく、『驚異的』だった。彼は全ての球種を使い、それぞれをしっかり制球して見せた」と絶賛。中5日での登板については「彼の調子は良いが、早期にやろうとは思っていない」と話した。
 
 一方、大谷から唯一2安打を放ったツインズの指名打者ローガン・モリソンは「彼は本当に良かった。まだ23歳だけど、これからもっと良くなるだろう。これまで誰もやったことのないことをやっているし、おそらく彼は世界最高の選手だよ」と称えている。
 
 大谷の次回の先発登板は、中6日なら20日(同21日)の本拠地でのタンパベイ・レイズ戦となる。また、打者としては中1日を置いて15日(同16日)に本拠地で行われる、同じアメリカン・リーグ西地区のヒューストン・アストロズ戦での出場が予想される。