データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、7回途中11奪三振も4勝目ならず エンゼルスは劇的サヨナラ勝ちで接戦制す

2018/05/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



5回まで10奪三振!走者背負っても粘投

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたミネソタ・ツインズ戦に先発登板。7回途中11奪三振1失点の好投も自身4勝目はならなかった。
 
 今季5試合で3勝1敗をマークしている大谷の先発登板は、6日の敵地でのシアトル・マリナーズ戦以来7日ぶり(中6日)。この日は現地が「母の日」ということもあり、ピンクリボン運動(乳がん撲滅キャンペーン)の一環で、選手をはじめとするチーム関係者や審判たちはピンク色の道具を着用。大谷はピンク色の帽子を着用して試合に臨んだ。
 
 初回、大谷は先頭のブライアン・ドージャー内野手に内野安打を許し、1死二塁のピンチを迎えるも3番エデュアルド・エスコバー内野手をスライダーで空三振に仕留めるなど後続を打ち取って、18球を要しながら無失点の立ち上がりを見せた。2回も1死一塁と走者を背負う展開だったが、ロビー・グロスマン外野手を97.1マイル(約156キロ)の速球で見逃し三振、グレゴリオ・ペティート内野手を88.4マイル(約142キロ)のスプリットで3球三振と連続三振で無失点。
 
 3回は、9番ボビー・ウィルソン捕手から見逃し三振を奪ったのをはじめ、1番ドージャーも3球三振。この時点で今季38奪三振(29投球回)とし、デビューから6試合での球団の最多奪三振記録に並んだ。そして、2番のマックス・ケプラー外野手も77.1マイル(約124キロ)のカーブで空振り三振とし、この回は3者連続三振を記録。前の回から5者連続三振とした。
 
 4回に2三振、5回も1つ三振を奪い、ここまで早くも10奪三振の大谷。6回は味方打線に1点を先制してもらってのマウンドになった。先頭の1番ドージャーに対してこの試合初めての四球を与え少し力みが見られ始めた中、続くケプラー外野手の打席で初球を暴投。走者を二塁に進めてしまう。
 
 しかし、ここでケプラーを右飛に打ち取ると、続くエスコバーを二ゴロに打ち取り2死三塁。ここで、4番のエディ・ロザリオ外野手に対してカウント1-2から89.6マイル(約144キロ)のスプリットを投げ込んで空振り三振に打ち取り、ピンチを無失点で切り抜けて大谷はマウンド雄叫びを上げた。

1 2