データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、「母の日」に奪三振ショー! 7回途中まで好投も…リリーフ打たれ4勝目ならず

2018/05/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



球団の“最多奪三振記録”を更新

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われているミネソタ・ツインズ戦に先発登板。7回途中11奪三振の力投を見せたが、リリーフが打たれ自身4勝目はならなかった。
 
 今季5試合で3勝1敗をマークしている大谷の先発登板は、6日の敵地でのシアトル・マリナーズ戦以来7日ぶり(中6日)。対するツインズは、今季17勝18敗の成績で現在アメリカン・リーグ中地区2位に位置している。こちらの先発も23歳のルーキー、フェルナンド・ロメロ投手。今季これまで2試合に先発し2勝0敗、未だに失点はなく防御率0.00と好調だ。
 
 また、この日は現地が「母の日」ということもあり、ピンクリボン運動(乳がん撲滅キャンペーン)の一環で、選手をはじめとするチーム関係者や審判たちはピンク色の道具を身に付けて試合に臨んだ。大谷はピンク色の帽子を着用。
 
 初回、大谷は先頭のブライアン・ドージャー内野手に対し、カウント1-0から94.6マイル(約152キロ)の速球を弾き返され三塁手強襲の内野安打を許す。続く2番のマックス・ケプラー外野手は、フルカウントから95.4マイル(約153キロ)の速球を放り二ゴロに打ち取るが、二塁手のイアン・キンズラーが打球を軽く弾いて併殺は取れなかった。1死二塁で迎えたのは3番エデュアルド・エスコバー内野手だったが、フルカウントから81.6マイル(約131キロ)のスライダーで空三振に仕留めた。続く4番のエディ・ロザリオ外野手もカウント0-1から86.9マイル(約140キロ)のスプリットで二ゴロに打ち取り、初回18球を要して無失点で切り抜けた。
 
 2回、先頭の指名打者ミッチ・ガーバーはカウント0-2から88.3マイル(約142キロ)のスプリットで3球三振。続くローガン・モリソン内野手はカウント2-1から97.6マイル(約)の速球で打ち取った打球だったが、シフトの逆を突かれて二塁への内野安打とされ1死一塁となった。しかし、ここでロビー・グロスマン外野手をカウント2-2から97.1マイル(約156キロ)の速球で見逃し三振、最後もグレゴリオ・ペティート内野手をカウント0-2から88.4マイル(約142キロ)のスプリットで3球三振に仕留め、この回はアウト3つ全てを三振で取った。
 
 3回、先頭の9番ボビー・ウィルソン捕手からカウント1-2から外角低めの98.5マイル(約158キロ)の速球で見逃し三振を奪うと、続く1番のドージャーもカウント0-2から88.2マイル(約142キロ)のスプリットで3球三振。この時点で今季38奪三振(29投球回)とし、デビューから6試合での球団の最多奪三振記録に並んだ。そして、2番のケプラーもカウント2-2から77.1マイル(約124キロ)のカーブで空振り三振とし、この回は3者連続三振。前の回から5者連続三振となった。大谷のここまでの投球数は45球(ストライク31球)で、被安打2、無四球、奪三振7、無失点。

1 2 3