データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、5試合ぶりの野手先発 第2打席、右中間へ適時二塁打

2018/05/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われているミネソタ・ツインズ戦に「5番・指名打者(DH)」で先発出場し、3回に適時二塁打を放った。
 
  前日までのロッキーズ戦は、DH制のないナショナル・リーグ本拠地での試合だったため、打者としての先発出場は5試合ぶりとなった。
 
 第1打席は空振り三振に喫した大谷。3回2死二塁の場面で迎えた第2打席は、相手先発べリオスの3球目を鮮やかに右中間へ運び、適時二塁打とした。
 
 エンゼルスは2回、1死一塁から7番キンズラーの2ランで先制。3回にはアップトンの左翼へのソロ、大谷の適時二塁打で追加点を挙げた。先発リチャーズが3回まで1安打2奪三振無失点と好投しており、試合は3回を終え、4-0でリードしている。