データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中、6回途中4失点で勝敗付かず ヤンキースは終盤の逆転劇で8連勝飾り単独首位浮上

2018/05/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が9日(日本時間10日)、本拠地ヤンキー・スタジアムで行われているボストン・レッドソックス戦に先発登板。6回途中4失点で勝敗は付かなかったが、チームは終盤に猛攻を見せ逆転勝利を収めた。

先制直後に逆転2ラン浴びる

 アメリカン・リーグ東地区首位攻防3連戦の2戦目、その先発マウンドを任された田中。首位攻防3連戦の2戦目の先発マウンドを任された田中。過去レッドソックス戦は8勝4敗、防御率4.04としている。初回、先頭のムーキー・ベッツ外野手を11球を要しながらもフルカウントから88.3マイル(約142キロ)のスプリットで空振り三振に仕留めると、続くアンドリュー・ベニンテンディ外野手はカウント0-2から91.7マイル(約148キロ)の速球で中飛、指名打者のハンリー・ラミレスもカウント1-2から最後は86.9マイル(約140キロ)のスプリットで空振り三振を奪い3者凡退。21球を投げたが、無事に無失点の立ち上がりを見せた。そして、ヤンキースは直後の攻撃でアーロン・ジャッジ外野手のタイムリー安打によって1点を先制する。
 
 2回、田中は先頭のJ.D.マルティネス外野手をカウント1-2から86.5マイル(約139キロ)のスプリットで遊ゴロに打ち取ったが、続くザンダー・ボガーツ内野手にはフルカウントから87マイル(約140キロ)のスプリットを左前へ弾き返され初安打を許す。すると、この日6番に座ったミッチ・モアランド内野手にはカウント2-0とボール先行になった後の3球目の90.9マイル(約146キロ)のシンカーを捉えられ、これがセンター右への逆転2ラン本塁打となった。
 
 続くエデュアルド・ヌニェス内野手は初球の84.4マイル(約136キロ)のスライダーで右飛に打ち取り2アウト。しかし、ラファエル・デバース内野手にはカウント2-2から86.7マイル(約140キロ)のスプリットを叩かれ、ピッチャー返しとなり、田中はスパイクで打球を弾くも三塁への内野安打となる。サンディ・リオン捕手にもカウント0-1から91マイル(約146キロ)のシンカーを中前安打とされて一、二塁のピンチを迎えたが、最後は1番のベッツをカウント2-1から87.9マイル(約141キロ)のスプリットで三ゴロに打ち取って切り抜けた。得点した直後のイニングだっただけに、一発で逆転を許したのはもったいなかった。
 
 3回、先頭のベニンテンディに四球を与えた田中は、続くラミレスをカウント1-0からの83.9マイル(約135キロ)のスライダーで遊ゴロに打ち取り、6-4-3と併殺が完成して2アウト走者なしとした。しかし、ここでしぶといのがレッドソックス打線。マルティネスを四球で歩かせた後、ボガーツには初球の85.6マイル(約138キロ)のスプリットを中前安打とされて一、二塁のピンチとなった。それでも田中は、前の回に逆転弾を許したモアランドをカウント2-2から86マイル(約138キロ)のスライダーで空振り三振に抑えて無失点で切り抜けた。

頼れるヤンキース強力打線。逆転に成功

 田中が無失点で抑えた直後の攻撃で、主砲ジャンカルロ・スタントン外野手の2点タイムリー二塁打などで3点を挙げ、4-2と逆転したヤンキース。4回、田中は先頭のヌニェスをカウント1-1から85.6マイル(約138キロ)のスプリットで中直に仕留めると、デバースには初球の75.9マイル(約122キロ)のカーブで中前安打とされたが、続くリオンをカウント1-1から86.6マイル(約139キロ)のスプリットで二ゴロ、4-6-3の併殺として3アウト。今度は味方の得点直後のイニングを無失点として、チームに良い流れを作った。
 
 前半を締めくくる5回、田中は先頭のベッツをカウント0-2から85マイル(約136キロ)のスプリットで投ゴロに打ち取り1アウト。しかし、ここで打席に迎えた2番ベニンテンディに対し、カウント0-1から甘く入った83.7マイル(約135キロ)のスライダーを捉えられると、打球は右中間スタンドに入るソロ本塁打に。スコア3-4と1点差に詰め寄られた。踏ん張りたい田中は、続くラミレスを初球の85.5マイル(約138キロ)のスライダーで左飛、マルティネスもカウント1-1から86.5マイル(約139キロ)のスプリットで右直として最少失点でイニングを終え、勝利投手の権利を手にする。ヤンキースはその裏、田中の球を受けるゲーリー・サンチェス捕手による犠牲フライで1点を追加し、5-3とすぐさま点差を広げることに成功。
 
 ここまで83球を投げている田中は6回、先頭のボガーツにカウント1-2と追い込んだものの、4球目の93.1マイル(約150キロ)の速球をセンター方向への二塁打とされていきなりピンチを迎える。続くモアランドはカウント2-1から87マイル(約140キロ)のスプリットで二ゴロとしたが、走者は三塁へ進塁。
 
 ここで交代を告げられた田中。この日は5回1/3、91球(ストライク60球)を投げて被安打8、与四球2、奪三振3、後を受けた2番手のチャド・グリーン投手が犠牲フライを打たれ走者の生還を許したため失点は4となり、防御率は4.66となった。それでも、この時点でスコアは5-4とヤンキースが1点リードしていたため、田中は勝ち投手の権利を持ったまま試合を見守ることになった。

1 2