データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、CY賞右腕と投げ合い今季3勝目! 7回に突如制球乱すも中盤まで安定感見せる

2018/05/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、敵地セーフコ・フィールドで行われているシアトル・マリナーズ戦に先発登板。7回途中2失点で3勝目を挙げた。
 
 大谷の登板は今季5試合目で、4月24日(同25日)のヒューストン・アストロズ戦以来12日ぶり。4月27日(同28日)に左足首を捻挫して以来初めてのマウンドだ。球団の特別アドバイザーに就任し、今季いっぱい試合に出場しないと発表されたマリナーズのイチロー外野手との対戦は実現しなかったが、試合は、2010年にサイ・ヤング賞を受賞した右腕フェリックス・ヘルナンデス投手との投げ合いとなった。
 
 大谷は初回、2死からロビンソン・カノー内野手をカーブで右飛に打ち取るなど11球で3者凡退に抑える完璧な投球を見せた。2回には味方打線が大谷を援護。6番ザック・コザート内野手と8番クリス・ヤング外野手のソロ本塁打で、エンゼルスが2点を先制した。大谷も2回から5回まで毎回奪三振を記録するなど無失点の力投で応え、6回もマイク・トラウト外野手の3ラン本塁打などで4点の援護を受けながら無失点に抑えた。
 
 このままいけばメジャー最長となる8回まで投げられるかという順調なペースだったが、7回にその期待が裏返される。先頭のミッチ・ハニガー外野手にカウント0-1から96マイル(約154キロ)の速球を中前安打とされ、この試合初めて先頭打者の出塁を許す。この回は、これまで見られなかった抜けたスライダーやシュート回転した速球も見られ、不穏な空気が流れ始めた。
 
 そして、続くライアン・ヒーリー内野手にはフルカウントから81.2マイル(約131キロ)のスライダーを完璧に捉えられ、レフトスタンドへの2ラン本塁打を浴びた大谷。直後にマイク・ズニーノ捕手にストレートの四球を与えて、勝ち投手の権利を持ったまま無念の降板を余儀なくされた。
 
 大谷は、この日6回0/3を投げて球数は98球(ストライク59球)。被安打6、与四球2、与死球1、奪三振6、失点2の内容で防御率は4.10となった。2番手のホセ・アルバレス投手が後続を断って6-2で無事イニングを終えたが、大谷はダグアウトに帰った後ベンチで一点を見つめながら静かに自身の投球を振り返っているようだった。
 
 試合は、9回にもレネ・リベラ捕手の2点タイムリー安打で加点したエンゼルスが8-2で勝利。このマリナーズとの3連戦に勝ち越し、アメリカン・リーグ西地区首位をキープした。