データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、今季3勝目ならず 5回3失点7Kの好投も…救援崩れ白星消滅、チームも敗戦

2018/05/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手は5日(日本時間6日)、メキシコでのサンディエゴ・パドレス戦に先発登板。5回を4安打7奪三振1失点3四球で、防御率4.02とした。勝ち投手の権利を持って降板したが、救援投手が逆転を許し、3勝目が消えた。
 
  今季6試合目の先発登板となった前田は初回、先頭ジャンコウスキーに三塁打を許すと、続くホズマーに右翼への2ランを浴びた。
 
 2-2で迎えた2回、1死二塁のピンチを招いたが、粘りの投球で無失点。ドジャースが勝ち越した後の3回は、2者連続三振を含む三者凡退で抑えた。
 
 4回は先頭の四球から1死一三塁とすると、犠飛で同点に追いつかれる手痛い失点。5回は三者凡退で切り抜け、6回の攻撃で打順が回ってきたが、代打を送られ交代した。
 
 ドジャースは、先制を許すも2回にケンプのソロ、テイラーの適時打などで追いつくと、3回には勝ち越しに成功。4回に同点とされるたが、6回にピーダーソンの二塁打から2死満塁の好機をつくると、押し出し死球で再び逆転。前田に勝利投手の権利が発生した。
 
 しかし、その裏にマウンドに上がった2番手フィールズが逆転2ランを浴び、前田の勝ち星は消滅。4番手ハドソンも2点を失い、チームは4-7で敗れた。