データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イチロー、3戦ぶり先発出場で好守披露も3打数無安打 チームは逆転負け

2018/05/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 シアトル・マリナーズのイチロー外野手は2日(日本時間3日)、本拠地セーフコ・フィールドでのオークランド・アスレチックス戦に「9番・左翼」で3試合ぶりに先発出場。守備では好プレーが飛び出したが、3打数無安打1四球1三振だった。打率.205となっている。
 
 イチローは2回の守備で、この回先頭のチャップマンのライナー性の当たりを腕を伸ばして捕球。44歳となっても変わらない守備で存在感を示した。
 
 3回の第1打席は四球を選び、二塁に進むとセグラの適時打で生還した。5回の第2打席は遊ゴロ、8回の第3打席は二ゴロに打ち取られた。
 
 第4打席は、マリナーズが1点ビハインドの9回裏、1死一二塁で迎えた。イチローはカウント1-2から外角高めの速球を空振りし三振に倒れた。
 
 試合は、マリナーズが3回に2点を先制したが、8回に同点に追いつかれた。9回に3番手ディアスがソロ本塁打を浴び、2-3で敗れた。