データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



先発復帰の大谷、痛烈二塁打で出場4戦連続安打 チームは劇的サヨナラ勝ち

2018/05/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が5月1日(日本時間2日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われているボルティモア・オリオールズ戦に「5番・指名打者」で先発出場している。
 
 大谷は、打者として4月27日(同28日)以来4日ぶりの出場。27日のニューヨーク・ヤンキース戦の第2打席でゴロを打って一塁ベースを駆け抜けた際に左足首を捻挫し、復帰に向けて調整を続けていた。当初この日も投手として先発登板が予定されていたが、29日(同30日)にマイク・ソーシア監督が今週敵地で行われるシアトル・マリナーズ戦で先発登板させる方針を明かし、それに先立って前のカードであるオリオールズ戦に打者として出場する形となった。
 
 大谷の第1打席は2回1死走者なしの場面。オリオールズ先発の右腕アレックス・カッブ投手の前に、速球、ナックルカーブ、スプリットでカウント2-2と追い込まれ、最後は5球目の外低めの86マイル(約138キロ)のスプリットを腕を伸ばし引っ掛ける形でバットに当て、右寄りシフトを取ったショートへのゴロになった。
 
 第2打席は4回、再び1死走者の場面で訪れた。カッブに対して、初球のやや外に来た80マイル(約129キロ)のナックルカーブにタイミングを合わせて叩くと、打球は逆方向への鋭い当たり。レフト線への二塁打となった。二塁打は自身2本目で、いずれも逆方向だ。走塁も問題なく、痛めた足首の状態が良いことを証明している。後続が相次いで倒れて得点には繋がらなかったが、本塁打を放った前の試合に続いて4試合連続安打となった。
 
 0-0のまま試合は後半に入った。6回、先頭打者のアルバート・プホルス内野手が凡退し、大谷はこの日3度目となる1死走者なしの場面で打席に立った。カッブとの3度目の対戦。低めに来た初球の87.5マイル(約141キロ)のスプリットに手を出し、これは緩い当たりの一ゴロ。チャンスを作ることはできなかった。
 
 しかし、続くアンドレルトン・シモンズ内野手がレフトへの二塁打を放つと、ショートのマニー・マチャド内野手の送球が乱れてテイク1べースが与えられ、本塁への生還が認められた。エンゼルスが先制に成功すると、次のルイス・バルブエナ内野手はスプリットを捉えて右中間へのソロ本塁打。リードを2点に広げた。
 
 大谷の第4打席は8回。先頭打者でリチャード・ブライアー投手と対し、カウント1-2から86.2マイル(約139キロ)のカットボールを捉えたが、これは惜しくも右直。大谷はこの日4打数1安打で、打率を.333としている。
 
 エンゼルスは9回に5番手となるキャム・ベドロージアン投手を投入。だが、これが裏目となる。1死一塁からマチャドのタイムリー二塁打、アダム・ジョーンズ外野手のタイムリー安打であっという間に同点とされてしまった。
 
 その裏の攻撃、1死から登板したオリオールズ4番手のブラッド・ブラック投手から連続安打で一、二塁とすると、2番のマイク・トラウト外野手は四球で満塁の絶好のチャンスを作る。ここで打席にはこれまで無安打の3番ジャスティン・アップトン外野手。スライダー2球でカウント0-2と追い込まれたが、3球目の甘いスライダーを逃さず捉え、レフトへのサヨナラタイムリー安打を放って3-2でエンゼルスが劇的な勝利を収めた。