データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、DHで先発出場し第2打席で二塁打 走塁問題なく足首負傷からの回復証明

2018/05/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が5月1日(日本時間2日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われているボルティモア・オリオールズ戦に「5番・指名打者」で先発出場している。
 
 大谷は、打者として4月27日(同28日)以来4日ぶりの出場。27日のニューヨーク・ヤンキース戦の第2打席でゴロを打って一塁ベースを駆け抜けた際に左足首を捻挫し、復帰に向けて調整を続けていた。当初この日も投手として先発登板が予定されていたが、29日(同30日)にマイク・ソーシア監督が今週敵地で行われるシアトル・マリナーズ戦で先発登板させる方針を明かし、それに先立って前のカードであるオリオールズ戦に打者として出場する形となった。
 
 大谷の第1打席は2回1死走者なしの場面。オリオールズ先発の右腕アレックス・カッブ投手の前に、速球、ナックルカーブ、スプリットでカウント2-2と追い込まれ、最後は5球目の外低めの86マイル(約138キロ)のスプリットを腕を伸ばし引っ掛ける形でバットに当て、右寄りシフトを取ったショートへのゴロになった。
 
 第2打席は4回、再び1死走者の場面で訪れた。カッブに対して、初球のやや外に来た80マイル(約129キロ)のナックルカーブにタイミングを合わせて叩くと、打球は逆方向への鋭い当たり。レフト線への二塁打となった。二塁打は自身2本目で、いずれも逆方向だ。走塁も問題なく、痛めた足首の状態が良いことを証明している。後続が相次いで倒れて得点には繋がらなかったが、本塁打を放った前の試合に続いて4試合連続安打となった。
 
 試合は現在5回までを終えて両チーム無得点。緊迫した展開となっている。