データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、6回4失点で降板 初回に主砲ロンゴリアに3ランHR浴びる苦しい展開

2018/04/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が29日(日本時間30日)、敵地AT&Tパークで行われているサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に先発登板している。
 
 6試合目(先発として5試合目)の登板となった前田。この日の相手は過去4勝1敗ながら防御率4.40と失点を重ねているジャイアンツだ。初回、先頭のグレゴー・ブランコ外野手をカウント0-2から83.2マイル(約134キロ)のチェンジアップで投ゴロに打ち取ると、続くアレン・ハンソン内野手もカウント2-2から85マイル(約137キロ)のチェンジアップで一ゴロとし難なく2アウトを取った。
 
 しかし、ここで3番のバスター・ポージー捕手に初球の92マイル(約149キロ)の速球を弾き返されレフトへの二塁打とされると、4番のブランドン・ベルト内野手は四球で一、二塁のピンチを迎える。ここで打席に迎えたのは5番の通算266本塁打を誇るエバン・ロンゴリア内野手。カウント2-1とボール先行とすると、4球目の84マイル(約135キロ)のスライダーを捉えられ、打球は左中間への第6号先制3ラン本塁打となった。続くブランドン・クロフォード内野手はカウント0-2から92マイル(約147キロ)の速球で右直に打ち取ったが、今季苦戦している序盤でまたも失点をしてしまう形になった。
 
 2回は、先頭の7番オースティン・スレイター外野手をカウント2-2から85マイル(約137キロ)のスライダーを放ったが、ショートへの内野安打とされて無死一塁。それでも、続くゴーキーズ・ヘルナンデス外野手はカウント1-1から90マイル(約145キロ)の速球で三ゴロ、走者を二塁封殺とすると、最後はタイ・ブラチ投手を初球の91マイル(約146キロ)の速球で二ゴロ併殺に打ち取り、無失点で切り抜けた。
 
 3回は、先頭のブランコをカウント0-2から92マイル(約147キロ)の速球で二ゴロに打ち取り、続くハンソンはカウント0-1から82マイル(約132キロ)のスライダーで右飛。しかし、2アウトから二塁打を打たれているポージーに四球を与えてしまい、4番のベルトにはカウント1-0から92マイル(約148キロ)の速球を叩かれてセンターへのタイムリー二塁打を浴びて痛い失点を許してしまった。ロンゴリアは初球の76マイル(約121キロ)のカーブで右飛に打ち取り、この回は1失点でスコアは0-4となった。
 
 もう失点したくない前田は4回、先頭のクロフォードに初球の90マイル(約145キロ)の速球をバントされるもこれを処理して投ゴロ。続くスレイターには四球を与えたが、ヘルナンデスはカウント1-2から91マイル(約147キロ)の速球で見逃し三振。投手のブラチはカウント1-1から91マイル(約146キロ)の速球で中直に打ち取り無失点に抑えた。
 
 後半へ向けてリードを広げられたくない5回。しかし前田は、先頭のブランコにカウント0-1から75マイル(約121キロ)のカーブを弾き返されてセンター方向へ三塁打を浴びる。無死三塁といきなりピンチとなったが、続くハンソンをフルカウントから83マイル(約134キロ)のスライダーで空三振、ポージーを初球の83マイル(約133キロ)のスライダーで三ゴロで走者の生還を許さず、最後もベルトをフルカウントから93マイル(約149キロ)の速球で右直に抑えて何とか無失点切り抜けた。
 
 味方打線が1点を返し、迎えた6回のマウンド。前田は先頭のロンゴリアをカウント0-2から91マイル(約146キロ)の速球で中飛に打ち取ると、続くクロフォードはカウント1-2から84マイル(約136キロ)のチェンジアップで空三振で順調に2アウトを取る。スレイターには四球を与えたが、ヘルナンデスはカウント2-1から90マイル(約145キロ)の速球で中直に抑えて、得点直後のイニングを無失点として攻撃にリズムを持たせた。
 
 前田は7回の攻撃の際に打順が回ってきたが、代打を送られて交代。この日は6回96球(ストライク61球)を投げて被安打5(被本塁打1)、与四球4、奪三振3、失点4の成績で防御率を3.76としている。
 
 試合は、現在7回表を終了し4-2でジャイアンツがリード。終盤に入り、ドジャース打線は残り2回の攻撃でさらに盛り返すことができるだろうか。