データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、大谷との対戦実現せずも6回9Kで4勝目 打線爆発のチームは8連勝

2018/04/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が28日(日本時間29日)、敵地エンゼル・スタジアムで行われたロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板し、今季4勝目を挙げた。
 
 今季6戦目の登板となった田中。相手は、過去4登板で防御率1.63と相性の良いエンゼルス。初回、ゲーリー・サンチェス捕手のタイムリー二塁打などで5点の援護を受けてマウンドに登り、先頭のイアン・キンズラー内野手に対し空三振を奪うと、続く2番のマイク・トラウト外野手は二ゴロ、3番のジャスティン・アップトン外野手も一飛に打ち取り、3者凡退の安定した立ち上がりを見せた。
 
 2回もアーロン・ジャッジ外野手のタイムリー二塁打など味方打線が5点を取り、10-0の大量リード。田中はそれに甘んじることなく好投を続けていく。先頭の4番アルバート・プホルス内野手をスプリットで空三振。続く5番のルイス・バルブエナ内野手もスライダーで空三振に打ち取り、6番ザック・コザート内野手もスプリットで空三振に仕留めて、この回は主軸に対して3者連続三振の圧巻のイニングとなった。
 
 3回、4回はともに走者を許したが、落ち着いて後続を打ち取って無失点。今季多くの失点を重ねているイニングである5回は、先頭のザック・コザート内野手にカウント0-1からの2球目の82マイル(約132キロ)のスライダーを捉えらてレフトスタンドへのソロ本塁打。この日初の失点を許したが、大きなリードもあってすぐに気持ちを切り替えて打者3人連続で抑えた。
 
 6回は先頭のキンズラーを三ゴロ。トラウトを四球で歩かせた後も、アップトンを空三振、プホルスを一飛に打ち取り無失点で終えた田中はここで交代。この日は6回88球(ストライク59球)、被安打2、与四球2、奪三振9、失点1の好投で防御率を4.37とした。
 
 試合も、8回にニール・ウォーカー内野手のタイムリー安打で加点したヤンキースが11-1で大勝。8連勝を飾って、田中は今季4勝目を挙げた。
 
 なお、この試合はエンゼルスの大谷翔平投手の打者としての出場も期待されたが、前日に左足首を痛めた影響で出場を回避している。