データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、デビュー1ヶ月で昨季サイ・ヤング賞投手、同3位投手から本塁打 MVPからは2奪三振

2018/04/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのニューヨーク・ヤンキース戦に「5番・指名打者」で先発出場。第1打席でヤンキースのセベリーノから第4号ソロ本塁打を放った。
 
 ヤンキースのセベリーノは昨季14勝6敗で、防御率2.98でサイ・ヤング賞投票で3位にも入った若きヤンキースのエースだ。大谷はセベリーノの97マイル(約156キロ)の内角の直球をフルスイング。打球は112マイル(約180キロ)の速度で右翼スタンドへ突き刺さった。
 
 大谷はこれでデビューからわずか1ヶ月でリーグを代表する投手2人から本塁打を放ったことになる。もう1人の投手とはインディアンスのコーリー・クルーバー投手。クルーバーは昨季18勝4敗、防御率2.25でサイ・ヤング賞を受賞した投手だ。
 
 また、投手としても昨季MVPのアストロズのホセ・アルトゥーべからすでに2三振を奪っている。MLBデビューしてからまだ1ヶ月も経っていないが、すでに一線級の選手と渡り合っている大谷。彼の未来は果たしてどうなるのだろうか。野球界が注目している。